バカボンのパパのヒミツ

赤塚不二夫の代表作『天才バカボン』は、誰でもご存知かと思います。

その主人公「バカボンのパパ」について調べてみると、意外な一面に気付いたのです。
 
bakabon  

キャラクターのイメージ

「バカボンのパパ」のイメージは、どんなことでも「これでいいのだ」で乗り切ってしまう、おバカで脳天気なキャラクターですよね。

しかし、驚いてはいけません。

実際には、人の人生を破滅させているのです。

更には、大量の殺人を犯していることをご存知でしょうか?
 

戦慄の殺人鬼?

バカボンのパパはこれまで、何らかの方法で14人を殺害しているのです。

また、6人を自殺に追いやっています。

更には、過失もしくは故意に事故を起こしたり、自分に関わったために死亡してしまった者と宇宙人も含め、総勢33人の命を奪っているのです。

その中には、警官の銃を奪って警官を撃ち殺したり、自殺願望のある男の願い通りにと、関係のない人を「1話」で5人も殺してしまったこともあるのです。

これは、恐ろしいことです。
 
bakabon1
 

殺害の動機

その動機は大半が不鮮明である。

「これでいいのか?」

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="3416118343">

 
マッチアラーム
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ