キャッシュフローが経営の実態を暴く!

「キャッシュ」とはお金、「フロー」とは流れです。

つまり、キャッシュフローとはお金の流れを示したものです。

会社の営業がどんなに忙しくても、お金がなければ倒産してしまいます。

なぜなら、仕入代金を払えなくなって、取引業者から信頼を失ったり、

従業員の給料も払えなくなって、従業員が逃げてしまったりします。

こんな会社の『危険度』を認識することは、

サラリーマンが生き抜くために、必要不可欠な時代になっているのです。

今回は、キャッシュフロー計算書の見方について解説していきます。


キャッシュフローが大事なワケ

キャッシュといっても、現金そのものだけではありません。

普通預金や当座預金など、いつでも現金化できる預金類も含まれます。

さらに、3ヵ月以内の定期預金、手形、小切手など、

比較的容易にお金に換えることができるものも含まれます。

『会社』とは、儲けを出す道具に過ぎません。

儲けとは、ものを売ったりサービスを提供したりして売上を稼ぎ、

それに要した出費を引いたものです。

これらを全て、現金でやり取りすれば、儲けははっきりします。

しかし、現実にはその場での現金のやり取りは少ないのです。

つまり、商売が成立していても、取引先が支払ってくれないと、

会社には『現金』が不足してしまうのです。

そうなれば、給料が払えなくなって、従業員が辞めてしまったり、

仕入ができなくなってしまったり、設備投資ができなくなったりしてしまうのです。

だからこそ、会社に現金があるかどうかは、かなり重要なことなのです。

そこで注目されてきたのが『キャッシュフロー計算書』なのです。


キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、営業活動、投資活動、財務活動の3つのキャッシュフローと、

期首と期末とその増減からできています。

従来、会社の業績は「損益計算書」で見ていましたが、

これだけでは、実際にお金が入ってこない場合でも、

数字上は業績好調と見せることができました。

しかし、具体的なキャッシュの流れを追っていくと、

現実的な会社の姿を、しっかり見ることが可能になり、

損益計算書では利益があっても、実際にお金があるかどうかを知るために、

『キャッシュフロー計算書』が注目されてきたのです。







style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="1927315546">





キャッシュフロー計算書で分かること

キャッシュフロー計算書で最も注目されている理由の一つには、

「会社の危機」が一目で分かることにあります。

利益があるのにも関わらず、倒産してしまう会社があります。

これは、損益計算書では入金以前でも、帳簿上には売上や利益を記載できるからです。

ところが、キャッシュフロー計算書では、具体的なキャッシュの流れを追うことで、

会社に「お金」があるかないかがすぐ分かるのです。

なので、まずは期首残高と期末残高を比較して、その増減をチェックすることが重要です。

ここが増えていれば、経営成績は上がっていると判断していいでしょう。

さらに、キャッシュの出入りが明確なので粉飾決算などができなくなるメリットがあります。

「粉飾決算」とは、数字をごまかして、会社の財務状況をよく見せた決算のことです。

つまり、誰もが経営の実態を分析でき、会社の危機を見逃すことが半減するのです。


キャッシュフローの考え方

前述のように、キャッシュフロー計算書は次のキャッシュフローで構成されています。

①営業活動によるキャッシュフロー

②投資活動によるキャッシュフロー

③財務活動によるキャッシュフロー


①営業活動によるキャッシュフロー

本業によるキャッシュの流入と流出の差額であり、

原則として、増えていないと困る項目です。

基本的には、外部からの資金調達に頼ることなく、営業を順調に進め、

本業での営業活動上の収入と支出がまとめてある部分であるので、

これが大きくプラスならば、本業がしっかりしているいい会社を判断できます。

また、前期よりも数字が伸びている場合には、今後がより期待できるでしょう。


②投資活動によるキャッシュフロー

固定資産の所得や売却、資金の貸付けや回収によるキャッシュの流れを表します。

将来の利益確保のために、買い物をしたり投資をしたりするもので、

会社の将来を見据える上では、積極的な方がいいと思われます。

従って、むしろマイナスになる方が安心といえます。


③財務活動によるキャッシュフロー

キャッシュの不足をどのように補ったかを表す項目です。

借入の返済や社債の償還など、借金の返済にあたるお金の流れを示しています。

積極的に返済をしていればマイナスになることもありますので、

必ずしもプラスである必要はないと思います。







style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="1927315546">





さいごに

従来、会社の業績は「損益計算書」で見ていましたが、

数字上では業績好調であっても、実際お金がなければ会社は危機なのです。

そこで注目されてきた決算書が「キャッシュフロー計算書」なのです。

本業の営業での利益があることが最大の安心要素です。

また、将来を見据えた投資や、借入返済などの会社全体のキャッシュの流れを見て、

営業活動によるキャッシュフローに対して、

投資活動、財務活動によるキャッシュフローが共に程度なのが理想です。

ともかく、営業活動によるキャッシュフローがプラスであることが重要であり、

これがマイナスでは、危険な会社に分類せざるを得ないでしょう。

最悪なのは、営業『マイナス』、投資・財務共に『プラス』のパターンで、

現実では、こうなる前に倒産してしまっています。

あなたのいる会社が、優良なのか倒産目前なのかは、

このキャッシュフロー計算書で全て暴くことができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ