警察24時の業界用語【隠語】だらけにビックリ!

それぞれの『ギョーカイ』で使われる用語は、一般人にはまるで「暗号」としか思えないですよね。

特に、警察社会は【隠語】だらけです。

 

無線用語

車両検問などに遭ったとき、免許証の提示を求められます。

その際に警察官が無線機を通じて使う言葉が『無線用語』です。

例えば、

123(ヒャクニジュウサン)、メンカクによるソウゴウお願いします。

最初の「123」は、警察の照会センターのことです。

有線・無線を問わず、車両の所有者照会・過去の犯罪歴・ぞう品(犯罪など不正な手段で手に入れた品物)照会などを行う部署です。

その後の「メンカク」は、免許確認の通称です。

そこに記載された本人の『個人情報』をセンターに伝えるのです。

  • その内容が正しいかを確認する『免許紹介』(L1=エルワン)
  • 事故歴を調べる『行政処分照会』(L2)
  • 総合的な犯罪歴を調べる『ソウゴウ』
これらを問い合わせているのです。

すると、センターからは、

違反なしですが、A号ヒットで1件。詳細は有線で。

こんな感じで、返ってきます。

「A号」とは、刑法の犯罪歴を表します。

つまり、「違反はないが全科一犯です。詳細は電話で確認してください」という意味です。

電話で問い合わせると、罪名や犯罪を起こした日時、管轄署などがわかる仕組みになっています。

police4

その他は、下記の通りです。

  • B号 ➡ 指名手配犯
  • C号 ➡ 盗品・盗難車
  • M号 ➡ 行方不明者
  • S1 ➡ 非行歴
  • S2 ➡ 暴走族
  • U号 ➡ 車両所有者の照会
  • Y号 ➡ 薬物使用歴
  • Z号 ➡ 暴力団

 

桜の紋章

興味深いことに、たいていの警察官は、私服でも一目で互いに同業者だとわかるらしいですよ。

街や店で会った時などに、周囲に悟られないように「オタク、・・・でしょ?」っていう仕草があるそうです。

それは、コブシをオデコに当てる仕草です。

警帽に輝いて付いている「桜の紋章」(旭日章=警察章)を表すことですね。

police3

 

その他の隠語

  • 本店 ➡ 警視庁など各都道府県の警察本部
  • 支店 ➡ 所轄警察署
  • マルB・マルG ➡ 暴力団
  • マルヒ・マルガイ ➡ 被害者
  • マルコメ ➡ 精神障害者
  • マルソウ ➡ 暴走族
  • マルモク ➡ 目撃者
  • マルスイ ➡ 泥酔者
  • トンビ ➡ 犯人だとわかっていても証拠不足で捕まえられない時の決まり文句。連続窃盗犯などによく付けられる
  • マエ ➡ 前科
  • ダッコチャン ➡ 張り付き捜査
  • シキテン ➡ 見張り
  • バンカケ・ショクシツ ➡ 職務質問
  • ウカンムリ ➡ 窃盗
  • サンズイ ➡ 汚職
  • ニンベン ➡ 偽造犯
  • モサ ➡ スリ
  • アカウマ ➡ 放火
  • タタキ ➡ 強盗

結構、刑事ドラマで聞いたのことある用語ですね。
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ