エイ〇感染率世界一の国はどこ?平均寿命がなんと〇〇才

スワジランド

africaスワジランドは、アフリカ南部に位置する、周囲を南アフリカとモザンビークに囲まれています。

総人口は約125万人の王国です。

この名もない国に、世界一となるものがあるんです。

それが『エイズ感染率』なのです。

その割合は、成人の約3人に1人というから驚きである。

初めてエイズ患者が見つかったのは、1986年でした。

以来、長く流行が続き、1992年に4%だった妊婦のHIV有病率は、2004年には42.6%と約10倍に跳ね上がった。

15~19才の女性の有病率は28%、20~29才の女性では、なんと56%にまで達しています。

 

平均寿命急落の原因

こうしたエイズの蔓延から、スワジランドの平均寿命は2000年時点で61才だったのが、2019年には32才にまで急落しました。

また、世界保健機関が報告した資料によれば、死因の61%がエイズに起因することが記されていました。

この記録的な数値は、1年間に全国民の2%がエイズにより死亡していることになります。

 

エイズ感染の裏側

スワジランドのエイズ感染には、文化的背景が大きく影響しているのです。

スワジランドでは、伝統的文化に反するとして、コンドームは使用されていないのです。

一夫多妻も当り前で、女性は最低でも5人の子を出産すべきとされており、男性は性的パートナーの女性を妊娠させることが必須と信じられているというのですから、驚愕するよりないです。

さらには、暴力的な性行為や性的嫌がらせ、露出行為のような性的攻撃も日常茶飯事に行われているといいます。

セックス経験のある高校生の18%が、初体験時の性的行為は強要されたものだったという報告もあります。


 

悲惨な現実

スワジランドでは、毎年開催される『ウムランカ』という祭りがあり、そこにはセックス経験のない少女が多数集められ、男たちの好奇の目にさらされるという。

スワジランドの王「ムスワティ3世」は、14人の妻と23人の子供を持っているそうです。

さらに、10万人以上の子供たちがエイズ孤児となっており、両親が共に健在な家庭に育つ子供は、全体のうちのわずか22%に過ぎないというのですから、問題ではないでしょうか?


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ