重曹は万能!掃除には必須アイテムそのワケは?

重曹(ベーキングソーダ)は、まさに『魔法の粉』です。


Bicarbonate in a wooden spoon

キッチンの油汚れ

お風呂のカビ

トイレのシミ

入浴剤

歯磨き

消臭剤

計り知れないほどの可能性を秘めています。


重曹とは?

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)

いちばん身近にある場所は、

あなたの体の中なんです。

私たちの体の中では、自然に重曹がつくり出され、

全身に配られています。


重曹の働き

重曹は、水に溶けるといろいろなショックを吸収して、

弱アルカリの環境をキープする働きがあります

例えば、

血液や体液のペーハー(pH=酸性・アルカリ性を示す数値)バランスを

いつも弱アルカリに保ったり、

胃液の酸を中和して潰瘍になるのを防いだり、

唾液に含まれて口内細菌がつくり出す酸を中和したり、

といったふうに。





地球への働き

私たちの体以外にも、重曹がたくさんある場所があります。

それは「海」です。

海水にも重曹がたっぷり溶けていて、

地球が安定した状態を保つための大きな役割を果たしています。

大気中の二酸化炭素が適度に海に吸収されるので、

海水には重曹が含まれ、弱アルカリ性が保たれているのです。

また、陸上の生物の活動によって、

河川からは様々な汚れが海に流れ込みます。

それを海水の中の重曹が中和し、

微生物たちが、より分解しやすいようにしているのです。


元気とキレイ

体や海は、ある程度ダメージを受けても、

いつのまにか元の『元気』や『きれい』を取り戻します。

それは、自分で回復する力を持っているからなんです。

その「カギ」となっている物質のひとつが、

この『重曹』なんです。


生命活動

あなたは、生きていれば、何かを食べて運動して、疲れたり汗をかいたりします。

生命活動とは、「使い終わったいらないもの」をつくり出すことなんです。

つまり、疲労物質や老廃物です。

重曹には、その自然の「汚れ」を中和して分解する力があるのです。

そこで、

その重曹の『汚れを中和して分解する力』を

暮らしに取り入れることで、

身の回りのいろんなものを、

もとのきれいな状態にもどせるのです。

ぜひ、『重曹生活』をしてみてはどうでしょうか?

【備考】

以下の項目についてまとめています。

項目をクリックすると記事に飛びます。


キッチンの油汚れ

お風呂のカビ

トイレのシミ

入浴剤

歯磨き

消臭剤

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ