キッチン【重曹】でキレイに!換気扇やガスレンジ、簡単・短時間の掃除ワザ

嫌な油汚れが、時間をかけずにみるみる落ちる!!!

今回は【キッチン】をテーマに、

お手入れの仕方を解説します。

前回では、基本のツールセットについて説明しました。






換気扇

kitchin


パック作戦

細かく入り組んだ構造の換気扇ファンは、

重曹ペーストやクリームクレンザーで掃除します。

クリームクレンザーの作り方はコチラ>>>

汚れの分解具合を見ながら、

5分~1時間程度パックしてください。

乾燥しないようにラップなどをかけておくといいですよ。

金属ファンならば、後で解説するガスレンジの部品のように

重曹水で煮沸できる場合もあります。

ひどく汚れている換気扇まわりほど、

このパック作戦はオススメです。


仕上げ

仕上げには、ビネガー水をスプレーしてシュワシュワさせてやると、

すすぎ終わるまでに、その泡が隅々の汚れを落としてくれます。


落としきれなかった汚れ

落としきれなかったところは、

綿棒などに重曹の粉を付けてみがき、

ビネガー水をスプレーしてリンスしましょう。


ガスレンジ

juso11


日頃のケア

ガスバーナーのキャップやごとく、汁受けなどは、

調理の汚れが加熱されすぐに乾燥してしまい、

こびりつきやすい部分です。

普段は重曹水とビネガー水をスプレーして、

手軽にケアしておくといいです。

たまにまとめて重曹水で煮て、

漬け置くだけで楽に掃除ができます。


煮て漬け置き

juso12

大きめの鍋(アルミ製は避ける)に、

1%程度の重曹を溶き、火にかけます。

クエン酸や酒石酸など、

揮発しにくいビネガー類をひとつまみ入れておくと、

より汚れの分解が進みます。

レモンの輪切りを一枚入れるだけでも効果的です。

煮立ったら火を止め、そのままゆっくり冷まします。


調理直後のレンジ台

調理後の、まだあたたかいレンジ台には、

重曹水かビネガー水をすばやくスプレーします。


重曹水の効果

重曹水は、

飛び散り油の分解にすぐれ、

こびりつき汚れの掃除にも抜群ですが、

乾燥すると白い粉が残ります。

その場合は、ビネガー水で中和して、

拭き取るのがいいです。


ビネガー水の効果

ビネガー水は、

汚れ全般に浸透し、はがす効果があります。

全体に広くうすくスプレーして、

サッと一拭きするのに向いています。

さらに、香りつきビネガー水ならば、

消臭しながら良い香りを漂わせることができます。

このケアは、レンジ台の【温度】を利用するので、

重曹水でも高い効果があります。


グリル

juso14

魚焼きグリルには、

底面が隠れるくらい重曹の粉を敷き詰めます。

普段は、焼き網を洗うだけです。

下に落ちた油汚れは、重曹で固められ臭いも出ません。

重曹は消火剤の原料にもなっているほど燃えない物質です。

少しづつ注ぎ足ししながら、何度も使えます。

重曹が真っ黒になったら、

はしでつまんで捨てることができますので、

ゴミの消臭やシンク掃除に使いましょう。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="3416118343">

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ