キッチン用品【重曹】が有効!食器・なべ・グラス・茶しぶまで簡単裏ワザ

嫌な油汚れが、時間をかけずにみるみる落ちる!!!

今回は【キッチン用品の掃除】をテーマに、

お手入れの仕方を解説します。

前回では、基本のツールセットについて説明しました。


食器(洗いおけ)

食事の前に、

洗いおけの水に重曹の粉をひとふりしておきましょう。

食べ終わったら、どんどん食器を

洗いおけに入れていくようにします。

しばらく置いておくと、

重曹がかなり食器の汚れを落としてくれているので、

作業が楽になります。

これは、食器洗い機に入れる前の下処理にもなります。

油でベトベトだったり、残飯の多い皿は、

別にして、重曹をふりかけて置くと、

食べカスをふやかしてくれます。


グラス

juso22

グラス類をみがく時は、ビネガー水を使いましょう。

デリケートなクリスタルグラスも心配いりません。

ビネガー水をスプレーして、

ケバのない布でみがき拭きするか、

ビネガー水にしばらく漬けておいたあと、

みがき拭きすると、とてもきれいになります。




やかん

ステンレス製のやかんは、

内も外も、時々重曹ペーストでみがくと、

ピカピカの輝きが長持ちします。

ひどく汚れたやかんは、

重曹ペーストでパックしたり、

大きななべに入れた重曹水で煮たりして、

汚れの分解をした後で、

再び重曹ペーストでみがき掃除をしましょう。

それでも落ちない汚れは、

鉄製の細かい糸でできたソフト金属タワシでみがくと、

傷を付けずに落とすことができます。


なべ

juso23

なべの中の焦げ付きには、重曹ペーストです。

簡単に汚れが取れることがよくあります。

それで全部の焦げが落ちなければ、

重曹水を入れ、それを煮てふやかしたり、

重曹ペーストでパックしてからもう一度みがくと、

たいていの焦げは、完全に落とせます。


フライパン

調理後の熱いフライパンは、

すぐ水をはり、重曹の粉をひとふりして火にかけます。

ある程度熱くなったら火を止めて、

冷めるまで置いておけば、

重曹が中和分解を進めてくれるので、

軽くこすり洗いすれば落ちます。


ポット

電気ポットややかんなどの底についた水アカを落とすには、

全部ひたるくらいの水を入れて、

揮発しないビネガー(クエン酸か酒石酸)を大さじ1~2杯入れて、

一度沸騰させます。

冷めたら水を捨て、

重曹の粉や塩を使ってみがき取りましょう。

もし一度で落とせなかった場合は、

この作業を何度か繰り返すといいでしょう。


銀製品

juso24

普段の軽いケアには、

銀の食器は重曹ペーストでみがきましょう。

こうすることで、金属の表面を傷つけずに、

汚れだけを取り去ります。

ステンレスのナイフやフォーク、スプーンなども同じです。

銀製品のくもりやサビの防止には、

温めたビネガー水をはったボールにそれらを沈め、

重曹の粉をふってシュワシュワさせてやりましょう。


茶しぶ

juso25

茶しぶは、

手の届く範囲ならば、重曹で簡単に落とせます。

重曹ペーストでみがきましょう。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ