重曹が衛生管理!消毒・消臭・ゴミやしみ【裏ワザ公開】

嫌な油汚れが、時間をかけずにみるみる落ちる!!!

今回は【キッチンの衛生管理】をテーマに、

お手入れの仕方を解説します。

前回では、基本のツールセットについて説明しました。


生ゴミの臭い

生ゴミの腐敗臭など嫌なにおいをおさえるには、

直接重曹の粉をふりかけましょう。

重曹が水分を吸い取りながら消臭を行ってくれます。

さらに、雑菌の繁殖も遅らせてくれます。

ただこまめに三角コーナーは、

きれいに掃除することをオススメします。


まな板

juso27


基本のケア

普段のまな板の掃除は、重曹ペーストを使いましょう。

重曹が細かいところまで汚れをかき出し分解します。

あとは水ですすいでください。


もっときれいに

さらに、まな板をきれいにしたい場合には、

重曹ペーストでみがいた後で、

ビネガー水をスプレーしてシュワシュワさせます。

重曹とビネガーのダブルパワーで、

雑菌を抑えてくれます。


頑固な汚れ

どうしてもとれないシミができたり、

完全に殺菌消毒を行いたい時は、

重曹ペーストと酸素系漂白剤の殺菌ペーストを塗り、

ラップをしてしばらく置きます。

あとは、ビネガー水ですすぐか、

熱湯をかけて洗い流しましょう。


ふきんの衛生

基本のケア

ふきん類の基本のケアは、

まず石けんで洗い、ビネガーでリンスして、

よく乾燥させることです。

石けんや重曹で食べ物の汚れをよく落とし、

抗菌作用とリンス作用をもつ

香りつきビネガー水を吹きかけてすすぎます。

最後に、その都度きちんと乾燥させれば、

確実にカビや雑菌の繁殖を防げます。


もっときれいに

もっとふきんを清潔にしたい時は、

重曹水で煮沸しましょう。

繊維の奥まで汚れがとれるだけではなく、

重曹とお湯のダブルパワーで、

高い殺菌効果があります。

ただし、この方法は、

ふきんの生地を早く弱らせてしまいます。


頑固な汚れ

どうしてもとれないシミ汚れや、

煮沸しないでふきんの消毒をしたい場合には、

酸素系漂白剤の溶液に、

漬け置きしましょう。

30分~2時間、できれば一晩、

漬けて置くといいです。

その後、よくすすぎ洗いします。

juso29


醤油のしみ

シミが付いた部分の裏側に、

たっぷりの量の乾いたペーパータオルを、

あてがいます。

別のペーパータオルにビネガー水を含ませ、

シミの部分を上からたたきます。

まわりから、円を描くように内側に向かってたたいていくと、

あとで輪ジミになりません。

ビネガー水の優れた浸透力を借りて、

醤油は下のペーパータオルに移すのです。

一度で落ちなければ、

下にあてがうペーパータオルを、

すばやく交換し、同じ作業をします。


ワインのしみ

空のボウルやお鍋の上に、

シミの部分をかぶせるようにして、生地をピンとはり、

ゴムなどでおさえます。

重曹の粉を手早くふりかけます。

重曹がアルカリに反応して、

ワインのシミの色が青く変わってきますが、

気にしないでまんべんなく、

少し広めにたっぷりふりかけましょう。

熱湯をゆっくりそそぎます。

まわりから、丸く内側に向かって円を描くように

お湯を生地に通していくと、

重曹が溶け落ちると同時に、

ワインのシミも消えていきます。

この方法は、

ワインをこぼしてしまったら、

間髪入れずにケアすると、

100%有効です。

数時間たってしまい、

この方法では落ちなくなったワインのシミは、

酸素系漂白剤の漬け置きで、

きれいになります。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ