洗濯物を早く乾かす裏ワザ【家政夫のミタゾノ抜粋テクニック】家事・掃除の簡単裏ワザ

冬になると、洗濯物が乾きづらくなりますよね。

最近は、乾燥機を使う家庭も多くなっていますが、

外で乾かした服の方がいいっていう人も、少なくないです。

確かに季節的に早く乾かすのが難しいのですが、

乾きやすくさせる『洗濯物の干し方』があることは知っていましたか?

今回は、割と乾きやすい『干し方』のテクニックを紹介します。


洗濯物の並べ方がポイント

洗濯物の並べ方をアーチ型にすることで、洗濯物の間に上昇気流が生まれます。

その理由は、最も乾くのが遅い大きい衣類を外側に持ってくることで、

空気に触れやすくなり、また風も当たりやすくなるからです。

更に、アーチの両端を黒や紺などの濃い色にすると、

熱がこもりやすくなり、より上昇気流が起きやすくなります。

2016-12-09





詳しく解説

アーチ状に干すことによって、空気の流れを作りやすくするのです。

つまり、中心に干される衣類は小さくなるので、真ん中に空間ができます。

この空間がポイントで、空気の流れを上へ上へとするのです。

特に冬場は、脱水後の衣類の周辺温度は下がっています。

そのため衣類周辺よりも、衣類の下の空気の方が暖かいのです。

つまり空気は暖かい方に流れるので、自然に空気は上に流れていくのです。


まとめ

洗濯物をアーチ型に干すことで、空気の流れを作り出し、

早く乾かす効果につながっているのです。

このように、空気の流れを意識して干すことが大切です。

そういえば、洗濯していて、洋服の『シミ』を見つけたことないですか?

『シミ汚れ』には幾つかの種類があり、それぞれ性質が違います。

そんな時に、シミ抜きの基本さえしっかり押さえておくと便利です。



さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたのお役に立てれば幸いです。

日頃から忙しい主婦の方【1万人】にアンケートを取った、

『年末』に気になることベスト3です。

第1位 年賀状 年賀状プリントはネットプリントジャパン

第2位 寝具の臭い 旦那の枕、臭くないですか?

第3位 肌荒れ リピアミューズ ホワイドガード ピーチ味(オデコマート)


mitazono_top

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ