断捨離ブーム到来!断捨離の方法【基本の4ステップ】解説

最近ブームの『断捨離』。

実践者A
聞いたことはあるけど・・・?


実践者B
やってみたいとは思うけど・・・?


実践者A
捨てられないんだよね~

『断捨離』とは?

断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。

モノへの執着を捨てて、身の周りがキレイになるだけじゃなく、

心もストレスから解放されてスッキリさせるのです。

今回は、そんな人のために【失敗しない方法】をお伝えします。


なぜ捨てられないのか?

実践者A
捨てよう、捨てようと思っているんだけど・・・


先生
分かります。なかなか捨てられないんだよね!


実践者A
なんでかなぁ?


先生
それは、勿体ないとか、まだ使えるからって思っちゃうからなんだよね!


実践者A
頂き物とか・・・、思い出のものとか・・・。


先生
そこなんですよ!その考え方を変えなきゃ!!!

捨てられないものって?

あなたが「捨てたい」と思っているのに捨てられないのは、

主役が「モノ」になってしまっているからです。

「せっかく気に入って買ったものなのに・・・」
「これ結構高かったんだよなぁ・・・」
「あの人からもらったものだから・・・」

その気持ちは、分かります!

ただ、「本当に必要なのか?」を考えることが大切なのです。

頂き物などを捨てることができなかったり、

「あの頃は良かったなぁ」と、過去の思い出を捨てきれず、

執着しているからです。

この状態から抜け出して、「自分にとって必要なものなのかどうか?」

という点を軸に考えることが大切です。

同時に、今それが本当に必要なのかを見極めることで、

残しておいた方がいいか、手放した方がいいかを決めましょう。


断捨離の効果とは?

断捨離をしたことがない人は、

捨てずにとっておいてもいいのでは、と考えてしまいます。

断捨離の効果は、必要ないモノを捨てることで、

空間や時間にゆとりが生まれ、それが『心のゆとり』に繋がるのです。

断捨離を実践して、目に見える「何か」が手に入るというわけではありません。

しかし、そこに「ゆとり」が生まれ、気持ちが楽になります。

一度断捨離をすると、癖になる人が多いです。

断捨離を実践することで、いいサイクルで生活ができるようになるのです。

ぜひ、あなたにとっての「いいサイクル」を見出すためにも、

以下の4つのステップを実践してみてください。


【断捨離】4つのステップ

では、実際に実践するための方法をお伝えしていきます。


考え方を変える

前にもお話しした通り、断捨離をするための基本が『考え方』です。

「モノ」を捨てることをもったいないと思っていたら、断捨離は成功できません。

以下の3点について考えましょう。

使えるかではなく、使っているかどうかを考える。
捨てる時に迷ったら捨てると考える。
今の自分にとって必要かどうかを考える。

「そのモノがあれば、自分の生活は豊かになるのか?」ということを考えながら、

本当に自分に必要かどうかを自問自答していきましょう。

ただ単に捨てるのではなく「何を残し、何を捨てるか?」を考えることで、

そのモノと自分が向き合う事ができるようになっていきます。


一度全部出してみる

断捨離すべき場所にあるモノを、とりあえず全部出してみましょう。

すべて出してみることで、自分が持っているモノの量がわかります。

すると、「こんなものもあったのか」と思うこともあるでしょう。

例えば、クローゼットであれば、

本来どのくらいのスペースだったのかを再認識できることでしょう。

その上で、断捨離を実践していけば、

気に入ったものや使うものだけを残すことができ、素敵な空間になります。

まずは、モノが少ない場所から実践することをオススメします。

そうすると次第に、手放す感覚が身に付きます。

財布の中身からでも構いません。

モノが少ない分、簡単に効果を実感できます。


仕分ける

全部出してみたら仕分けをしていきます。

『いるもの』・『いらないもの』・『どちらともいえないもの』

に分類しましょう。

1ヶ月以上使っていないものは『いらないもの』に分類して、捨てましょう。

『どちらともいえないもの』を再度仕分ける作業が、重要ポイントです。


捨てる

仕分けができたら、どんどん捨てていきましょう。

捨てるまでが断捨離なので、思い切って捨てていきましょう。

特に難しいのは、大切な思い出の品物です。

過去の執着から離れることが断捨離の『離』の部分に相当します。

どうしても捨てられないという場合は、

写真やデータとして残すこともオススメです。

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="1927315546">

 

断捨離失敗の要因

断捨離は、ダイエットと同じように「リバウンド」の可能性があります。

ものを手放したことによる物欲の解放や、

せっかく捨てたのに、再度買ってしまう、

という人もいるようです。

これには、無理をして手放してしまうような、

「捨てなきゃならない!」という考えに陥ってしまうのが原因です。

なので、無理せず断捨離を行うことが重要です。

断捨離だからといって、無理して捨てることはありません。


継続しよう!

継続するコツは、『いらない物を増やさない』ことです。

大切なものは、必ず身近にあるものです。

気に入ったものを長く、大切に使うこと。

これを繰り返すことが継続するコツです。

 
 

さいごに

断捨離の効果は、生活リズムが良くなったり、時間効率がよくなります。

失敗しないためにも、自分自身で実践し、モノと向き合いましょう。

大事にモノをとっておくのではなく、必要なモノを長く大切に使うことが、

『断捨離』を実践する意義ではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ