話題の「ウェアラブル」機器、実用の期待は?

最近話題の「ウェアラブル」端末、

開発に乗り出す企業が増えています。

先日のウェアラブルEXPOで話題になったのが、

居眠り運転防止に役立つ端末です。

2017-01-18 (1)


眠気感知ドライブサポートシステム

脳波を測ることで「脳の疲労」や「集中力の低下」を予測する

というウェアラブル端末です。

運転前に眠気のチェックができたり、

運転中に眠気が出て来た場合などを感知し、

休憩を取るように「アプリ」が警告してくれます。

最近、マイクロバスなどの交通事故発生が

頻繁で悲惨な事態を避けるためにも、

各旅行会社などは、有効活用できるものと期待します。

それ以外にも、脳波を測ってイライラしている場合は、

心を落ち着かせる曲を流したり、

逆に、落ち込んでいる場合は、

気持ちが明るくなる曲を流すなど、

素晴らしい人工知能の技術もあるというから、

将来の期待は大きく膨らむばかりです。

年々出展企業も増加傾向にあり、

ウェアラブル市場は拡大を続けています。

【参考】日テレNEWS24
http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cobrand/nnn/RV=1/RE=1485926822/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5uZXdzMjQuanAv/RS=%5EADAA_qp7xbxIwZw5pwdJRHrM2a5ooU-











ウェアラブルとは?

「デジタル大辞泉の解説」によれば、

身につけられるさま。着用できるさま。

と、解説されています。


ウェアラブルコンピューターとは?

身につけて持ち歩くことができるコンピュータのこと。ラップトップやスマートフォンなど単に持ち運べるコンピュータとは異なり、主に衣服状や腕時計状で身につけたまま使えるものを指し、腕時計型、眼鏡型、指輪型、靴型、懐中型、ペンダント型など様々なタイプのものがある。

【引用】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF

注目のウェアラブル商品

アップル・ウォッチ(Apple)

話題となったのは、Apple社の『Apple Watch』。

腕時計ですが、使える機能は多彩です。

メールや通話などの通知があれば、

腕を持ち上げるだけで、メッセージ確認ができたり、

Siriも搭載しているので、困ったときは話しかけるだけです。


グーグル・グラス(Google)

グーグル社の『Google Glass』。

音声で操作ができるので、両手がふさがっていても使えます。

ビデオ撮影や写真撮影、グーグル検索、メッセージ送信、道案内など、

スマホの作業が、音声操作で可能です。


リング・ゼロ(Logbar)

指輪型なので、指にはめて動かすだけで、

離れた場所にあるスマホやタブレットの操作ができます。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="1927315546">




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ